【ダービー】大物元調教師が無料で教える!◎-穴1点馬券

水上学プロフィール

vol.1734
【日本ダービー・展望】至高の週末がやってくる
2019/05/21

【前週推奨馬回顧】
★土曜京都11R 平安S(G3)
◎本命馬 アナザートゥルース 4番人気 4着
緩みのない流れで、前に行った馬には厳しい展開。好位後ろで折り合い、直線は内で包まれかけたところを絶妙のタイミングに外へ出してからは、一気に伸びて先頭に並びかけた。そこへ大外から直線に賭けた1,2着馬が差し込み、力尽きての0秒4差。ハイレベルのレース内容と強敵相手によく走っている。

$お宝馬 クイーンマンボ 9番人気 8着
先行し、厳しい展開に耐えられなかった感。去年2着とはいえ、テンの3Fは去年より1秒3も速いというレース内容は格段に負荷が掛かるもので、こうなると牝馬では厳しかった。

★日曜東京11R オークス(G1)
◎本命馬 シャドウディーヴァ 7番人気 6着
前半は枠なりに内目を進み、直線はかなり手応えがあったのか、意外と内がバラけないことを見越して外へ振った。直線坂を登る途中までは突き抜けるかという感じだったが、そこで一杯に。前走のようにタメる競馬の方が持ち味を活かせた可能性はあるが、勝ちに行っており、力は出し切った。よく走っている。

$お宝馬 フェアリーポルカ 11番人気 16着
前走ほどではないが、今回も外枠。ただ距離ロス云々よりも、短期間で2度の輸送が響いたということだろう。3歳春の牝馬だけに、そこはもっと予想の際に考えるべきだった。ローテが詰まっても地元で競馬ができる利のあるカレンブーケドールが2着だっただけに、あれだけ「血統プロファイル」で褒めながらこちらを選ばなかったことを深く反省。

【今週のポイント】
いよいよすべてのホースマン、競馬ファンにとって特別な日が近づいてきた。
毎年、ダービーを巡る構図は違うものだが、今年は例年以上に1強ムードが強い。皐月賞があれだけ3頭接戦の結果だったにもかかわらず、サートゥルナーリアに集中した下馬評になっていることには多少の違和感はあるのだが、皐月賞は余裕残しであったこと、広くて直線の長いコースがより合っているようなレースぶりから、力を出し切ったように見える他の皐月賞上位馬よりも、上積みへの期待が大きい点が評価されているようだ。

近年は、皐月賞以外の路線から来る馬が、権利を取った時点でピークになってしまい、本番にお釣りがなくなっていることが増え、ダービーは皐月賞組という様相がより濃くなっているが、本当にサートゥルナーリアの牙城を脅かす馬はいないのか?あるいはサートゥルナーリアは仕方ないとしても、ヒモ穴として絶好の存在は?馬券を買うからには、夢の要素は残したいという思いから、水曜夜公開予定の血統プロファイリングでは
穴馬探しをテーマとして探ってみたい。

【次回の狙い馬】
日曜・京都10R 2着 リワードアンヴァル
勝ったマドラスチェックを終始マークし、直線も一騎討ち。差せそうなシーンもあったが、最後はクビ差届かなかった。しかしこちらはまだ1勝馬、相手は牝馬とはいえ2勝馬だったことを踏まえると上出来だ。
次走は古馬混合となるが、斤量差もあるし、500万ならまず負けないだろう。人気必至だが、もし骨っぽいところに入って少しでも票が割れることがあれば妙味も出るか。

日曜・東京9R 7着 キタサンタイドー
押して2番手。直線の手応えも悪くなかったが、長い直線で苦しくなってしまった。距離というよりも、前半で急がせるとツライようだ。
中京のダート1400mか阪神のダート1400mがベストだろう。阪神ダート1200mでも東京ほど砂が軽くない分、悪くはないだろう。

★バックナンバーを読む


TOPへ
(c)デジタルブレイン
(c)DoInnovation