【スプリングS】万馬券を狙い撃つ!→≪3連単勝負・無料公開≫

水上学プロフィール

vol.1711
【高松宮記念・展望】速さか、強さか
2019/03/19

【前週推奨馬回顧】
★土曜中京11R ファルコンS(G3)
◎本命馬&お宝馬 ジャパンスウェプト 6番人気 14着
全く見せ場なし。申し訳ないのひとこと。恥ずかしい予想になってしまった。

★日曜中山11R スプリングS(G2)
◎本命馬 タガノディアマンテ 9番人気 4着
前半の位置取りが思ったより後ろになってしまった。馬場が固くて前が止まりづらい馬場だけに、大外を回すとなお厳しくなるのだが、よく追い込んで0秒2差4着は実に惜しい。立ち回りの巧さを活かすことができなかった。

$お宝馬 コスモカレンドゥラ 12番人気 14着
逃げられなかった時点で万事休す。

【今週のポイント】
いよいよ春前半のG1シリーズが開幕。皐月賞まで4週連続のG1が続く。
高松宮記念は2強の構図。とにかく速いモズスーパーフレア。もし勝てば牝馬の勝利はカレンチャン以来7年ぶりとなる。なお過去15年まで広げても勝ち馬はこのカレンチャンだけ。そしてこの時期に行われるようになってからは、さらにビリーヴの1例を加えるのみ。

対するダノンスマッシュは、絵に描いたような好位差しができる強いスプリンター。父ロードカナロアはこのレースで3着→1着。父のような横綱相撲で頂点を目指す。どちらが勝ってもG1初制覇だ。

旧勢力はレッツゴードンキ、セイウンコウセイくらいで、スプリント路線は世代交代の準備が整った感がある。2強以外にもミスターメロディ、路線変更のロジクライとデアレガーロも有力だ。
固い野芝で速さとキレが重要なスプリンターズSとは異なり、左回りで直線長く、馬力も必要なオーバーシードで争われる舞台。こうした舞台への適性がまずポイントとなるだろう。

2強の優劣、新興勢力のチョイス、さらに大きな複穴の可能性……など、水曜夕方更新予定の有力馬分析をチェックしていただきたい。

【次回の狙い馬】
日曜・阪神6R 2着 マッスルビーチ
→本来は自在性があるのだが、今回は後ろから。1,3着馬が前残りの中、唯一後方から脚を伸ばして2着に。かなり強い内容。次は人気だろうが、順当に勝ち負けになりそう。

日曜・中山12R 5着 マイネルブロッケン
→今回は休み明け。向こう正面で少し寄られたか位置取りが上げられなかったことが響いた。本来、一度叩かれると変わるタイプで、次走地元の関西圏でダート1800mならさらに上を狙えるはずだ。

★バックナンバーを読む


TOPへ
(c)デジタルブレイン
(c)DoInnovation