トークダイナマイト

vol.001
ブッシー、今年が正念場だ
2006/04/11

武:どういう競馬をするのかって。

谷:そうそう。そういうのを見てみたいっていう前向きな考え方が必要だね。

武:自分の考えていた乗り方と比べて人がどう乗るんだろうって興味はありますね。
トウショウナイトは2回くらい外から見てるんですけど、その頃はまだあやふやに走っているころだから、まだ何とも言えなくて。でも、今はバリバリのオープン馬じゃないですか。
で、日経賞も3戦目に来て良くなってきていたんです。叩き良化型っていうのも分かっていますし。それでこの3戦目が僕の中では一番ピークに近いデキだなって思っていたのに、ああいう結果になっちゃったから・・。
まあ自分でも相当歯がゆい・・。あのレースはハナ差で負けるより悔しかったですね。分かっていたのに、何でこう上手く乗れなかったんだろう・・と。いろいろと考えましたね。でもそれはまたスイッチみたいなもので、逆に自分に対するクスリでもあるし・・。
まあ、勉強・・にしなきゃいけないですね。

谷:・・うーん。こうやって初めて真面目に話したけど、こう聞いてるとブッシーって結構クレバーだよね。

武:そうですか?まあ、そうやって皆によく言われるんですけど(笑)

谷:(笑)もー言わねー(笑)

武:(笑)クレバーって意味も分からないのによく言われる、とか言っちゃいましたよ。まさか「乗り役」って意味じゃないですよね(笑)

谷:(笑)でも、ホント、ブッシー説明も分かりやすくて俺ビックリしちゃったよ。馬の話はした事あるけど、こんなマジ話をした事なかったもんね。

武:ここまで深くは話した事が無いですね。
こないだある調教師さんと話をしてて、突然『オマエ、ちゃんと喋れるんだな。考え持ってるじゃねえか』って言われましたよ(笑)え?オレ、バカそうに見えたのかなあと思って(笑)今までのオレは何なんだろう、みたいな。
しかも昔から知ってる調教師さんなのに!まあ確かに、その方と飲んで話す機会もその時まで無かったからしょうがないですけど。

谷:まあジョッキーってこうやって話せる人が少ないからね。そこがまた難点なんだけどね。

武:まあでも、トウショウナイトにはいい勉強をさせてもらっています。最初っから最後まであの馬には教わってきた事が多かったなー、と思います。

谷:でも、あの馬も決して最初から期待されていたわけじゃないでしょ?

武:弱いところがありましたからね、壊れちゃうかなーってくらいに。
夏場500万を使ってる時なんか、下手するとダメになっちゃうかもしれないってシチュエーションがいっぱいあったんです、脚引きずったりして。それで上手く2ヶ月くらい間が空いて、その時美浦に持ってきたんですよね。
そうしたら休むタイミングとかもあったんでしょうけど、馬がガラッと変わって。今までこんなに変わったのは見た事が無いってくらいだったから。インパクトが強すぎですよ。関節も普通の馬と違う動きをするから。関節ってそっちの方まで動くんだ、っていうくらい。凄い柔らかいんです。

谷:イナバウアーやっちゃったりするくらい?(笑)

武:するくらい(笑)今までにこんな動きをした馬は見たことが無いってくらいです。精神面も昔は子供っぽいところがあったけど、今はオープン馬になって貫禄が出ました。本当に最初のころと比べるとまるで・・。

谷:別馬って感じだね。

武:昇級するとどうしても気負けってするじゃないですか。上のクラスに上がっていっても、そういう面は全く見せませんでしたから。

谷:神経も図太いというか、ねえ。

武:確かにあの馬、物見もしますし図太さはありますね。
しかしあの成長力は素晴らしいです。使うたびにドンドン良くなっていきましたから。ただ体がデカくなったとかそういう感じじゃなくて、走りから精神的なものも全部。

谷:それ、間違えて違う馬が入ってきたんじゃないの?

武:(笑)実は弟の方だったかもしれない。

───── (笑)では最後に武士沢騎手、今年でデビュー10年目という節目を迎えられたわけですが、今後の展望をお願いします。

武:僕はジョッキーなんですけど、どっちかというと厩舎人なんですよ。厩舎に所属して昔に近い形でやっている。今なんかそういう人少ないじゃないですか。
そういう感じになると、自分だけ見ててもしょうがなくて、周りも見なければいけない。フリーの騎手とは考え方が全然違うと思います。
だからといって、このまま厩舎だけに頼りっぱなしというのも良くないから・・って思いつつ10年間経っちゃいましたけど。

谷:だからそういう面倒見の良い厩舎だったら所属してられるんだ。ブッシーのところの中野渡先生も昔気質の先生で人情味のある先生・・でしょ?だからいられるわけでね。

武:でも恵まれた環境にいてもいろいろ考えますよ、やっぱり。厩舎の攻め馬ばっかりしててもダメだし、他の所の馬にも乗りたいって凄い葛藤もしましたし。
で、そういう風に考え続けていると、今やれる事をやっていこう、とパッと頭が切り替わったりして。で、またモヤモヤが溜まっていって(笑)

谷:その繰り返しだよね。

武:そういう頭の切り替わるサイクルは確かに早くなってます。対応能力が付いてきたのかな。
勝てない時にワーッとなってもそういう期間が短くて済むようになってきました。
前なんかモヤモヤモヤモヤしてましたけど。今はしばらく勝てない時期が続いても、ああこれはしょうがないな、と切り替えが出来るようになりました。それにウチの厩舎も定年まであと5年なんで、5年間ベッタリ厩舎に、ってのも良くないだろうし。何の考えも無くダラーッとしてると、いざその時にあたふたするだけだと思うんで、今後を気に留めながら乗っていくしかないですね。

谷:そうなんだ、あと5年か。あの盆栽置いていくのかな、もらおうかな。

───── 何の話ですか?(笑)

谷:いや、凄いんだよ、中野渡先生のところの盆栽。値段が付けられないような超高価なやつもあるんだよ。

武:あれは持っていくんじゃないですか。僕は見ても分からないですけど(笑)

谷:でも5年はすぐ経つよね。ちょうどこれからブッシーなんか峠って感じだから。

武:僕なんかこれから峠というか、毎年峠のような気がして。1回も安心した年が無いんですよ。
1年目からジョッキー辞めなきゃいけないって出来事もあったし。それを考えれば、1回2回は死んでるから頑張るか、みたいな。

谷:ブッシーを見ているとそれなりに来ていて、で、今回トウショウナイトに巡り会ったりしたこの辺りがまた一つの起点かなって気がする。
中野渡先生もあと5年と考えたら。本当に1番の正念場でね。でも、いろいろ聞いてたら、迷いながらもビジョンはちゃんと持ってるし、しっかり考えていれば良い方向に行くと思う。

武:自分が萎えたら終わりだなって思いますよ。勝てなくて落ち込んでいても、いや、まだやれるって思えるうちは大丈夫です。また同期も良い刺激になりますね。

谷:そうだね。頑張ってちょうだい!阿部厩舎も微力ながらご協力いたしますんで(笑)

武:(笑)有難うございます。攻め馬にも乗せていただきますんでよろしくお願いします。

|1|2|3|4|



」この情報は役に立ったィ
とても満足
まあまあ満足
少し不満
不満


★バックナンバーを読む

TOPへ
(c)デジタルブレイン
(c)DoInnovation

Warning: Unknown(): write failed: No space left on device (28) in Unknown on line 0

Warning: Unknown(): Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/var/lib/php/session) in Unknown on line 0